05)医療保険

2010年4月 9日

4/29(木)市民公開シンポジウム-第99回日本病理学会総会

4/29(木)に、第99回日本病理学会総会 市民公開シンポジウムが開催されます。

日時:平成22年4月29日(木曜日・祝日)午後5時~7時30分

場所:京王プラザホテル 本館5F・コンコードボールルーム
入場無料(定員700名)

総合司会 :森まどか(アナウンサー)

開会の挨拶:「病理医と病理学のがん医療への貢献」日本病理学会理事長

基調講演
(1)「乳癌手術はどんどん小さくなっている」
霞 富士雄(順天堂大学医学部附属順天堂医院乳腺センターセンター長)
(2)「肝がんにならない、負けない方法」
有井 滋樹(東京医科歯科大学医学部肝胆膵・総合外科学教授)
(3)「がん哲学&がん哲学外来」
樋野 興夫(順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授)
(4)「がんと私」
立花 隆(評論家)

全員によるパネルデスカッション
 がん医療 ─時代は何を求めているか─

司会
秋山正子(東京都がん対策推進協議会委員、白十字訪問看護ステーション所長)
佐々木毅(横浜市立大学附属市民総合医療センター病理部准教授)

お申し込み方法
添付ファイルに必要事項をご記入の上、第99回日本病理学会総会 市民公開シンポジウム事務局(byori99@juntendo.ac.jp)までFAXあるいはE-mailに添付してお送り下さい。ご不明なことがございましたら、下記リンク先をご覧になるか、事務局へお問い合わせ下さい。
第99回日本病理学会総会 市民公開シンポジウム

* (1)事前申込み制です。応募が定員に達し次第、受付を締め切りとなります。
* (2)先着700名様には平成22年3月下旬頃、お申し込みいただいたご住所に参加受付はがきが郵送されます。
なお、シンポジウム当日は、この参加受付はがきが必要です。

宛先・お問い合わせ先
第99回日本病理学会総会 市民公開シンポジウム事務局
順天堂大学医学部 病理・腫瘍学
TEL:03-5802-1039/FAX:03-5684-1646
E-mail:byori99@juntendo.ac.jp
第99回日本病理学会総会 市民公開シンポジウム

後援:東京都、順天堂大学大学院がん生涯教育センター、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、厚生労働省、NHK、日本経済新聞社、日本癌学会、日本対がん協会、文部科学省


2010年3月29日

一般公開 4/18 "もっと知ろう、放射線のこと" -放射線医学総合研究所

4月18日(日)放医研一般公開 "もっと知ろう、放射線のこと"

4月18日(日)、恒例の放医研一般公開を今年も開催します!

今年のテーマは、"もっと知ろう、放射線のこと"。ドイツの物理学者ヴィルヘルム・レントゲン博士がX線を発見したのが今から114年前の1895年。以来人類はこの不思議な光をいろいろなところで利用してきました。今では医療はもちろん、工業や農業など様々な分野で応用されています。この分野の専門家である研究者や技術者が優しく、解りやすく解説します。

目玉イベントも目白押し。重粒子線がん治療装置HIMAC (ハイマック) や大型サイクロトロンなど、普段なかなか見ることができない施設・設備も大公開!小さなお子様でも楽しめる体験型の実験も多数あります。

講演会では、研究者が最新・最先端の研究成果をわかりやすく紹介。

■ 日 時 :平成22年4月18日 (日) 午前10時より午後5時まで
  (受付終了は午後4:30)
■ 主催・会場:独立行政法人 放射線医学総合研究所
(千葉市稲毛区穴川4-9-1) JR総武線稲毛駅より徒歩15分
京成バス『山王町行き』で1区間、『放医研正門』下車
■ 後 援 :千葉市
■ 参加費:無 料
■ 問い合わせ:放射線医学総合研究所 企画部 広報課
〒263-8555 千葉市稲毛区穴川4-9-1
TEL:043-206-3026
FAX:043-206-4062
電子メール:info@nirs.go.jp
放医研一般公開"もっと知ろう、放射線のこと"


2009年12月15日

公開講座のご案内- 東京慈恵医科大学

12月19日(土)に 東京慈恵医科大学にて、放射線治療に関する公開講座が開催されます。
東京慈恵医科大学主催で、
「ここが知りたい!放射線治療のQ&A」
をテーマにした公開講座です。ご興味のある方はぜひご参加ください。

日 時:12月19日(土)午後1時25分~4時50分

場 所:東京慈恵医科大学 1号館3階講堂
  (東京都港区西新橋3丁目25-8 ℡ 03-3433-1111)

内 容:「ここが知りたい!放射線治療のQ&A」

一般の人に比較的なじみの薄い放射線医療の役割を知ってもらおうという講座です。
乳がんや前立腺がんの治療に放射線を使う現状の医療や最先端の治療法について医
師が分かりやすく解説します。

○事前申込不要

○問合先:東京慈恵医科大学放射線医学講座(℡ 03-3433-1111代表)

詳しくは下記リンクをご覧ください。
第3回 慈恵医大放射線医学講座市民公開講座


2009年8月19日

「がん予防展」「がん講演会」が開催のご案内-千葉県主催

9/12(土)-13(日)の機関で、千葉県主催にて「がん予防展」と「がん講演会」が開催されます。

「がん」は、男性の2人に1人、女性の3人に1人がかかるといわれ、いまや、身近な疾病となっています。9月の「がん征圧月間」に合わせ、がんの予防に関する正しい知識や診断治療等の最新の知識を広く県民に伝えるために、千葉県主催でがん予防展・がん講演会が開催されます。

1.がん予防展

日 時:平成21年9月12日(土)10時~17時 、9月13日(日)11時~18時

場 所:イオン柏ショッピングセンター1Fセンターコート(JR柏駅からバス利用約10分)

内 容:大腸トンネル探検隊、検診体験ベン展示、がんを正しく知るコーナー、医師、
     看護師等によるがんの無料相談コーナー、乳がん模型による触診指導

入場料:無料

2.がん講演会

日 時:平成21年9月13日(日)13時~16時(開場12時30分)

場 所:アミュゼ柏(JR柏駅から徒歩7分)

内 容:
「メタボリックシンドロームと大腸がん」
     講師 江角 浩安さん(国立がんセンター東病院長)
「大腸がんで死なないために~画期的検診法~」
     講師 森山 紀之さん(国立がんセンターがん予防・検診研究センター長)
パネルディスカッション「大腸がんは怖くない~早期発見のために~」
     司会    原元 美紀さん(フリーアナウンサー)
     パネリスト 黒沢 年雄さん(俳優)
             齋藤 典男さん(国立がんセンター東病院病棟部長)
             平島 雅治さん(柏市保健センター所長)
定 員:400名(先着順)
申込方法:はがきに、郵便番号・住所・氏名・電話番号・参加人数(2名まで)を記入し、下記宛先までお申込ください(FAX可)。入場券を郵送いたします。

〒260-8677(住所省略可)
 千葉県健康福祉部健康づくり支援課 がん・生活習慣病対策室
 電話 043-223-2402
 FAX  042-225-0322


公開講座(放射線・人の心・重粒子線がん治療を知る)のご案内-放医研

9/11(金)に放医研にて下記の「公開講座」が開催されます。

第15回公開講座『放射線・人の心・重粒子線がん治療を知る』

日 時:9月11日(金)13:00~16:40
場 所:放医研 重粒子治療推進棟 2階大会議室
定 員:先着140名(要予約)

13:00~    開場
13:30~13:35 開会挨拶 米倉 義春 放射線医学総合研究所 理事長
13:35~13:55 放医研の研究紹介 原田 良信 企画部 広報課 課長
13:55~14:40 「放射線と健康影響-東海村JCO臨海事故を振り返る-」
         蜂谷 みさお 緊急被ばく医療センター 主任研究員
14:40~15:25 「ねたみの脳科学-他人の不幸を喜ぶ気持ちがどうやって生まれれるか?-」
         高橋 英彦 分子イメージング研究センター 主任研究員
15:45~16:30 「重粒子線がん治療-頭頸部腫瘍を中心として-」
         神宮 啓一 重粒子線医科学センター病院 治療課 医師
16:30~16:40 閉会挨拶

申込先:放射線医学総合研究所 企画部広報課(千葉市稲毛区穴川4-9-1)
TEL:043-206-3026
FAX:043-206-4062
E-mail:kouza@nirs.go.jp
http://www.nirs.go.jp/news/event/2009/09_11.shtml


2009年6月19日

市民公開講座-「いま、知っておきたい前立腺がんのお話」開催のご案内

6/27(土)に市民公開講座-「いま、知っておきたい前立腺がんのお話」が開催されます。
参加無料、事前申込は不要とのことです。

日 時:6月27日(土)13:30~16:00(受付開始12:30~)

場 所:ペリエ大ホール JR千葉駅ビル6階
(〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1)

講 演:
  司会 丸岡 政幸先生(千葉県がんセンター 診療部長)

①「増えている前立腺がん」
  鈴木 啓悦先生(千葉大学医学部付属病院 泌尿器科 診療教授)

②「前立腺がん、診断に至るまで」
  大西 哲郎先生(聖隷佐倉市民病院 泌尿器科 部長)

③「前立腺がんに対する最近の治療法」
  前田 健先生(千葉県がんセンター 泌尿器科 部長)


がん情報講演会開催のご案内 - 国立がんセンター

7/11(土)に国立がんセンターにて、市民向けがん情報講演会が開催されるそうです。

日 時:7月11日(土)13:30~16:00

会 場:財団法人がん研究振興財団 国際研究交流会館
    東京(築地)国立がんセンター内 東京都中央区築地5-1-1

内 容:『がんになったら手に取るガイド~「患者必携」~』

①「私の療養手帳」の使い方・活かし方
                ・・・読売新聞東京本社 編集局社会保障部 本田 麻由美
②がん患者と医療者の合い言葉「患者必携」
                ・・・栃木県立がんセンター 病院長 清水 秀昭
③がんになったら手にとるガイド「患者必携」
                ・・・国立がんセンターがん対策情報センター 渡邊 清高

申込方法
①インターネット:http://ganjoho.ncc.go.jp/public/event/2009/20090711.html
②FAXまたは郵送:「市民向けがん情報講演会」事務局
〒180-0013 東京都武蔵野市西久保1-3-12 オークビル5階
FAX:0422-59-1809


2009年5月26日

市民公開講座のご案内-順天堂大学医学部附属浦安病院

5/30(土)に順天堂大学浦安病院にて「市民公開講座」が開催されます。

日 時:5月30日(土)14:00~15:30

場 所:順天堂大学浦安病院 外来棟3階 講堂
  (千葉県浦安市富岡2-1-1 JR京葉線/新浦安駅 徒歩8分)

内 容:「がんとこころ ~緩和ケアチーム医療~」

講 師:メンタルクリニック 宮田 真美子氏

参加費:不要

定 員:先着120名(申込不要)

お問合せ:順天堂大学浦安病院 地域医療連携室(℡047-353-3111内線2163)


2009年1月15日

公開講座のご案内 - 放射線医学総合研究所

1/30(金)に放射線医学総合研究所の公開講座が開催されます。

今回は、ノーベル賞で脚光を浴びた光るタンパク質(GFP)と再生医療への応用が期待されているiPS細胞についてその解説、人に優しい重粒子線がん治療の中から肝臓がんの治療について紹介されます。

日時:1月30日(金)14:00~17:00

場所:放射線医学総合研究所 重粒子線推進棟2階大会議室
(千葉市稲毛区穴川4-9-1 JR総武線稲毛駅(徒歩13分)

内容:14:00-14:10 開会挨拶 

14:10-14:55 「GFP組換えメダカを使った生物学、医学への利用-緑に光るメダカのお話-」
15:00-15:45 「細胞の分化をリセットする-多細胞生物の理解と再生医学応用へ向けて-」
16:05-16:50 「肝細胞がんに対する取り組み-これまでの成果と将来展望-」

定員:140名

申込方法: 事前にお申し込みが必要です。詳しくは下記サイトをご覧ください。
        第14回 公開講座
問合せ先: 放射線医学総合研究所 企画部広報室
        TEL:043-206-4171
        FAX:043-206-4062
        E-mail:kouza@nirs.go.jp


2008年11月27日

「人にやさしいがんの放射線治療」講演会 開催のご案内

12月11日(木)に「人にやさしいがんの放射線治療」講演会が開催されます。
ご興味のある方はぜひご参加されてはいかがでしょうか。

■開催日時 平成20年12月11日 (木) 13:00~17:00

■開催場所 東京都港区虎ノ門2-9-16 日本消防会館 ニッショーホール

■参加費 無料

主催 (財)医用原子力技術研究振興財団
         105-0001 東京都港区虎ノ門1-8-16 第2 升本ビル
         電話:03-3504-3961
         Fax:03-3504-1390
         E-mail:tokyo5@antm.or.jp

詳しくはこちら

■参加申込方法 FAX、E-mail による事前登録
 (11/28(金)締切)

プログラム
13:00~13:10 開会挨拶 森 亘(医用原子力技術研究振興財団理事長)

第1部 座長 武藤 徹一郎((財) 癌研究会理事)

13:10~14:40  テーマ 放射線によるがん治療
「がんの放射線治療について」山下 孝 (癌研究会 有明病院放射線治療科部長)
「陽子線治療について」荻野 尚 (国立がんセンター東病院 粒子線医学開発部部長)
「重粒子線治療の現状について」鎌田 正 (放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター長)

第2部 座長 森田 皓三(愛知県がんセンター名誉病院長)
14:40~15:10 テーマ がん医療の仕組み
「がんと診断されたらどうする」土屋 了介 (国立がんセンター 中央病院長)

第3部 座長 中川 義信(国立病院機構 香川小児病院病院長)
15:30~16:00 テーマ 期待される放射線療法
「ほう素中性子捕捉療法」松村 明 (筑波大学大学院 人間総合科学研究科 教授)

第4部 座長 森田 皓三(愛知県がんセンター 名誉病院長)
16:00~16:50 質問コーナー
16:50~17:00 閉会の挨拶 平尾 泰男 (医用原子力技術研究振興財団常務理事)


2008年11月14日

市民公開講座 - 「乳がん最前線」開催のご案内

11/29(土)に 第35回日本外科学会 市民講座が開催されるそうです。

日時:11月29日(土)17:00~19:00(開場16:30)

場所:ホテルニューオータニ「麗」ザ・メインアーケード階
(東京都千代田区紀尾井町4-1 地下鉄 赤坂見附駅 徒歩3分)

内容:

第1部 司会 日本医科大学乳腺科教授 芳賀 俊介氏

①「早期発見とそのメリット」癌研究会有明病院 乳腺科部長 岩瀬 拓士氏
②「乳癌における病理医の役割」日本医科大学 病理部長 土屋 眞一氏
③「外科的治療の現状と今後の展望」聖路加交際病院 ブレスとセンター長 中村 清吾氏
④「手術なしでここまで治る」浜松オンコロジーセンター長 渡辺 亨氏
⑤「乳癌診療の問題点」坂元記念クリニック・乳腺病理アカデミー院長 坂元 吾偉氏

第2部 司会 日経ヘルスプルミエ編集長 西沢 邦浩氏
          日本医科大学 乳腺科教授 芳賀 俊介氏

①「女優 宮崎ますみ 乳がんを語る」 宮崎 ますみ氏
②「パネルディスカッション」

申込方法
①郵便番号 ②住所 ③氏名(ふりがな) ④年齢 ⑤性別 ⑥職業 ⑦電話番号
を記入の上、FAX または Eメール にて下記あて先にお送り下さい。

宛先
〒105-0004 東京都港区新橋2-20新橋駅前ビル1号館9階
㈱協和企画コンベンション事務局内
「第35回日本外科学会市民講座」事務局(℡ 03-3573-2060 直通)

■ FAX 03-3573-2064
■ Eメール event@kk-kyowa.co.jp


2008年10月29日

オープンキャンパンスの開催 - 国立がんセンター東病院

11月15日(土)に国立がんセンター東病院にてオープンキャンパスが開催されます。

日時:11/15(土)10:00~16:00

場所:国立がんセンター東病院
   千葉市柏の葉6丁目5-1(つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス駅)
   電話 04-7133-1111

内容:オープンキャンパス(見学会)

 ・陽子線棟見学会(2回)
    11:00~ 14:00~
 ・ポスター展示
 ・相談コーナー
 ・各種イベント

詳しくは、下記サイトをご覧ください。
オープンキャンパスのお知らせ


2008年10月24日

県民公開セミナー開催 - 千葉県がんセンター

今週 10/25(土)に千葉県がんセンター 県民公開セミナーが開催されます。

日時:10月25日(土)13:00~16:00(開場12:30)

場所:JR千葉駅ビル 6階ペリエ大ホール

内容:
・あいさつ 千葉県がんセンター長 竜 崇正氏
・わが国におけるがんの動向とがん対策 国立がんセンター 祖父江 友孝氏
・乳がんに対するラジオ波治療 千葉県がんセンター 乳腺科部長 山本 尚人氏
・肺がんに対する胸腔鏡下手術 千葉県がんセンター 呼吸器科部長 飯笹 俊彦氏
・肛門機能温存手術について 千葉県がんセンター 臨床検査部長 滝口 伸浩氏
・大腸がんに対する腹腔鏡下手術 消化器外科主任医長 早田 浩明氏

参加費:無料(事前申込不要)
入場:先着400名

問合せ先:千葉県がんセンター 医事経営課(043-264-5431)


2008年10月 8日

県民公開セミナー開催 - 千葉県がんセンター

10/25(土)に千葉県がんセンターにて県民公開セミナーが開催されます。

日時:10月25日(土)13:00~16:00(開場12:30)

場所:JR千葉駅ビル 6階ペリエ大ホール

内容:
  ・あいさつ 千葉県がんセンター長 竜 崇正氏
  ・わが国におけるがんの動向とがん対策 国立がんセンター 祖父江 友孝氏
  ・乳がんに対するラジオ波治療 千葉県がんセンター 乳腺科部長 山本 尚人氏
  ・肺がんに対する胸腔鏡下手術 千葉県がんセンター 呼吸器科部長 飯笹 俊彦氏
  ・肛門機能温存手術について 千葉県がんセンター 臨床検査部長 滝口 伸浩氏
  ・大腸がんに対する腹腔鏡下手術 消化器外科主任医長 早田 浩明氏

参加費:無料(事前申込不要)

入場:先着400名

問合せ先:千葉県がんセンター 医事経営課(043-264-5431)
http://www.chiba-cc.jp/


2008年8月28日

千葉県がん患者大集合2008が開催されます。

9月14日(日)に千葉県の主催で、
千葉県がん患者大集合2008 -あなたの意見で千葉のがん医療を変えましょう-
が開催されます。

1. 対象
がん患者及びその家族、医療・福祉関係者等 (600名,申込先着順)

2. 日時・場所
平成20年9月14日(日) 12時から16時30分まで
 京葉銀行文化プラザ(旧ぱるるプラザ千葉) 3階音楽ホール

3. 内 容

・ 特別セミナー
  「抗がん剤の副作用対策について」

・ セッション1
  「がん対策基本法と他県のがん対策推進計画について」
・セッション2
  「千葉県のがん医療を語る ~標準治療、先端治療、緩和医療~」
・セッション3
  「千葉県のがん医療を考える」(会場参加型シンポジウム)
・セッション4
  「千葉県がん対策推進計画について」

(詳細は、下記にリンクしている支えあう会「α」ホームページ「千葉県がん患者大集合2008」のお知らせページをご覧ください。)

5. 主 催 
千葉県がん患者大集合2008 実行委員会
(県内各がん患者団体、千葉県、千葉市、医療・看護・福祉関係団体で構成)

6. 申込先等
千葉県がん患者大集合2008実行委員会あて
      住所 〒276-0036 八千代市高津390-247(金井方)
       FAX 047-483-7124
E-mail ※ mayurin@cb3.so-net.ne.jp

※電子メールについては、送信途中において悪意のある第三者による盗聴等の可能性も指摘されていますのでご留意ください。

詳しくは
千葉県がん患者大集合2008
をご覧ください。


がん予防展(9/6-9/7)とがん講演会(9/12) - 千葉県主催

9/6(土)-7(日)がん予防展、 9/12(土)がん講演会が千葉県(健康づくり支援課)主催で
開催されます。

がん予防展(入場無料)

日時:9月6日(土)~7日(日)

会場:ららぽーとTOKYO-BAY 1階 西の広場(JR京葉線 南船橋駅より徒歩5分)

おもな展示内容:
10:00-17:00  がんチェックロボット、パネル展示、
          乳がんモデルによる触診指導及びがん予防のための食生活指導

無料相談:
10:30-12:30 船橋市立医療センターの医師
13:30-15:30 船橋市立医療センターの医師
15:30~     千葉県看護協会の看護士

がん講演会(入場無料、申込先着順700名)

日時:9月12日(金)18:00~20:00(開場 17:30)

会場:京葉銀行文化プラザ 3階 音楽ホール(旧ぱるるプラザ千葉)

講演①「知ってください、乳がん検診の大切さ~笑顔でいるために」
    ちば県民保健予防財団 診療部長 橋本 秀行氏

講演②「ワハハでいこう!」
    タレント、乳がん体験者 山田 邦子氏

詳しくは
「がん予防展」&「がん講演会」開催のお知らせ
をご覧ください。


2008年8月27日

放射線医学総合研究所(千葉)-公開講座

9月12日(金) に放射線医学総合研究所による公開講座が開催されるそうです。

日時:9月12日(金)14:00~17:00

場所:放医研 重粒子治療推進棟2階大会議室
   (千葉市稲毛区穴川4-9-1 ℡043-206-4171)
-内容-

「環境中の放射線(能)に関する取組み」
吉田 聡氏:放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター
環境放射線影響研究グループリーダー

「緊急被ばくにおける放医研の役割 -放射線被ばくはいつ起こる?- 」
明石 真言氏:放射線医学総合研究所 緊急被ばく医療研究センター長

「前立腺癌の重粒子線治療 -これまでの成果と将来構想- 」
辻 比呂志氏:放射線医学総合研究所 重粒子線医学センター病院 治療課第3治療室長

申込方法: TEL:043-206-4171、FAX:043-206-4062
E-mail:kouza@nirs.go.jp

詳しくは
第13回公開講座「緊急被ばく医療と重粒子線がん治療」
をご覧ください。


2008年8月26日

健康と医療フォーラム「がんと免疫」開催-日本経済新聞社

9/20(土)に東京国際フォーラムにて、健康と医療フォーラム「がんと免疫」という
テーマで、日本経済新聞社主催で開催されるそうです。
詳しくは下記をご覧ください。

がん患者さんのための公開講座
がんと免疫~免疫細胞治療の最前線~

日時:2008年9月20日(土)13:00~16:50(開場 12:00)

会場:東京国際フォーラム ホールC(東京都千代田区丸の内3-5-1)

参加費:無料

定員:1,500名

13:10~13:50 「知っておくべきがん治療の現状」
            講 師 :中川 健氏(癌研有明病院 病院長)

13:50~14:10 「がん治療医が癌になって」
            講 師 :加藤 大基氏(東京大学医学部附属病院 放射線科)

14:10~14:40 「がんと免疫~免疫細胞治療について~」
            講 師 :垣見 和宏氏
           (東京大学大学院 医学系研究科 免疫細胞治療学講座 准教授)

14:55~16:50  パネルディスカッション
            テーマ :
             「集学的がん治療における免疫細胞治療への期待と最新の取り組み」
           パネリスト :
           木村 秀樹氏(千葉県がんセンター 医療局長)
           鈴木 憲史氏(日本赤十字社医療センター 血液内科 部長)
           遠藤 格氏(横浜市立大学大学院医学研究科 消化器病態外科学 准教授)
           御藤 重則氏(医療法人社団 滉志会 瀬田クリニック 院長)
           高橋 和久氏(順天堂大学 呼吸器内科 教授)
           森安 史典氏(東京医科大学 消化器内科 教授)
           コーディネーター :
           川口 恭氏(病院内無料情報誌『ロハス・メディカル』発行人)

※演題・プログラムは予告なく変更になる場合があります。予めご了承下さい。

お問い合わせ:「健康と医療フォーラム・スペシャルセミナー」事務局
          Tel:03-5510-4168(受付時間 10:00~18:00 土、日、祝日を除く)

応募方法
インターネット http://www.nikkei.co.jp/adnet/
はがき 〒105-0004 東京都港区新橋1-18-15 佐伯ビル8階
     「健康と医療フォーラム・スペシャルセミナー」事務局
FAX 03-5510-4078

締め切り:2008年9月8日(月)

主催:日本経済新聞社

後援:日本医師会、NPO東京地域チーム医療推進協議会、
    NPO難病治療開発を支援する会、患者の集い・モミの木、
    株式会社ロハスメディア、キュアグレーズ株式会社
協賛:株式会社メディネット


2008年7月 5日

聖路加国際病院 ― 市民講座

7/22(火)に聖路加国際病院にて、「乳がんに関する市民講座」開催されます。
入場も無料とのことですので、ざひ受講されてはいかがでしょうか?

日時:7月22日(火)午後6時~7時30分

場所:聖路加国際病院 2階トイスラー記念ホール
   東京都中央区明石町9-1(東京メトロ日比谷線 築地駅下車)

内容:「乳がんから女性を守ろう」発見から治療まで

   聖路加国際病院 ブレストセンター長 中村 清吾氏

乳がんの発見や治療についての最新情報をお話していただけるそうです。

入場無料、予約不要

お問合せ先:聖路加国際病院 広報室(℡03-5550-7168)

詳しくは、下記サイトをご覧ください。
聖路加健康講座スケジュール


2008年6月30日

地域限定「がんお悩み訪問相談サービス」スタート

あんしん生命では、東京、千葉、神奈川、埼玉、静岡限定で、
「がんお悩み訪問相談サービス」を開始いたしました。

専門の相談員が訪問し、直接お悩みをおうかがいします。

・がん保険、がん治療支援保険の被保険者様とその家族が
 ご利用いただけるサービスです。

・ご相談には充分な時間を確保(最長2時間)。場所は、ご自
 宅の他、病院や喫茶店など、ご希望に応じます。ご家族の
 同席も可能です。

・土日・祝日の訪問相談も可能です。

・静岡がんセンターとの共同研究により蓄積した情報をご提供
 し、各種のアドバイスをさせていただきます。

フリーダイヤル:0120-363-403
(予約受付は24時間・365日)

今での「がん専用相談窓口」(0120-363-906)と合わせて
ご利用ください。


東京医科大学病院(東京) ― 公開講座 

東京医科大学病院が「子宮がんと卵巣がんの最新治療法」をテーマ
に公開講座を開催します。

日時:7月11日(金)午後6時30分~7時30分

場所:東京医科大学病院 本館6階
(東京都新宿区西新宿6丁目7-1)

東京医科大学病院産科・婦人科の先生が最新の治療法や手術法に
ついて紹介し、将来の治療法について期待される分子標的治療の
可能性についても解説いただける予定とのことです。

参加無料。申込不要。

お問合せ先
東京医科大学病院 総務課
℡03-3342-6111


2008年3月31日

放射線医学総合研究所 一般公開のご案内

放射線医学総合研究所 (放医研) にて、科学技術週間の行事の一環として、
研究所の所内一般公開を実施します。この一般公開は、施設の公開、放医
研の研究成果をパネルや実物展示で紹介されるそうです。また重粒子線治
療、画像医学の最先端に関する講演会や楽しく参加できる実験教室などの
イベントも併せて行われます。

■ 日 時 : 平成20年4月20日 (日) 10:00~17:00 (最終受付は16:30まで)

■ 主催・会場 : 独立行政法人 放射線医学総合研究所(〒
           263-8555千葉県千葉市稲毛区穴川4丁目9番1号)

■ 交 通 : 総武線稲毛駅徒歩12分または稲毛駅東口から京成バス
稲31山王町行き放医研正門下車
       ※ 公共交通機関を利用ください。

■ 後 援 : 千葉市

■ 参加料 : 無料


■ 講演会 :(重粒子線治療推進棟)

(1) 11:00~12:00 「放射線の好き嫌い」
   神田 玲子 様(放射線防護研究センター チームリーダー)

(2) 13:00~14:00「目で見る脳の機能と脳内分子」
   須原 哲也 様(分子イメージング研究センター グループリーダー)

(3) 15:00~16:00「進展する重粒子線がん治療」
   鎌田 正 様  (重粒子医科学センター病院 治療課長)

■ お問い合わせ : 独立行政法人 放射線医学総合研究所
           企画部 広報室
TEL : 043-206-3026
FAX : 043-206-4062
E-mail : info@nirs.go.jp


2008年2月21日

放射線医学総合研究所(千葉)-公開講座

独立行政法人放射線医学総合研究所にて、年1回の公開講座を開催されます。

1.日 時:3月12日(水)14:00~17:00

2.場 所:放射線医学総合研究所 重粒子線推進棟2階 大会議室
  (千葉市稲毛区穴川4-9-1)

3.定 員:140名 入場無料(事前申込が必要)

4.申込先:放射線医学総合研究所 広報室
     TEL:043-206-3026
     FAX:043-206-4062
     E-mail:kouza@nirs.go.jp

放射線医学総合研究所は、放射線による人体への影響、障害の予
防、治療・診断ならびに医学利用に関する研究開発を総合的に行う
国内唯一の研究機関として、幅広い研究開発に携わっています。今
回の公開講座では、医療被ばくについての考え方について研究者よ
りご説明します。また、人に優しい治療として脚光を浴びる重粒子
線がん治療のなかから、特に優れた治療成績を収めている直腸が
ん(再発)にむけた治療法を例に、わかりやすくご紹介いたします。

○プログラム
14:00~14:10 開会挨拶: 米倉 義晴 放射線医学総合研究所理事長

14:10~14:55 「医療被ばくの考え方」
       赤羽 恵一  放医研重粒子医科学センター
               医療放射線防護研究室主任研究員

14:55~15:00 質疑応答

15:00~15:15 コーヒーブレーク

15:15~16:00 「重粒子線がん治療のための先進画像診断」
       吉川 京燦  放医研重粒子医科学センター病院
           診断課画像診断室長
16:00~16:05 質疑応答

16:05~16:50 「重粒子線がん治療 : 直腸がん再発への取組み」
       山田 滋 放医研重粒子医科学センター病院
治療課第1治療室医長
16:50~17:00 質疑応答

17:00~  閉会挨拶


がん拠点病院、千葉県13病院体制に

千葉県は八日、がんによる死亡率を低下させるため、身近な地域で
安心して治療を受けられる「地域がん診療連携拠点病院」に、新た
に県内六病院が指定されたと発表しました。

新たに指定されたのは、

▽千葉大学医学部付属病院:千葉市

▽国立病院機構千葉医療センター:千葉市

▽東京医科大学市川総合病院:市川市

▽順天堂大学医学部付属順天堂浦安病院:浦安市

▽国保松戸市立病院:松戸市

▽東京慈恵会医科大学付属柏病院:柏市

の六病院。これで県内の「拠点」病院は十三病院。県内の保健医療
圏で「拠点」病院がないのは「山武夷隅長生」だけとなった。


従来からの指定病院は下記のとおりです。

◎都道府県がん診療連携拠点病院

・千葉県がんセンター:千葉市

○地域がん診療連携拠点病院

・船橋市立医療センター:船橋市
・成田赤十字病院:成田市
・総合病院国保旭中央病院:旭市
・医療法人鉄蕉会亀田総合病院:鴨川市
・国保直営総合病院君津中央病院:木更津市
・独立行政法人労働者健康福祉機構千葉労災病院:市原市


2007年12月 5日

第3回市民向けがん情報講演会―国立がんセンター がん対策情報センター

国立がんセンター がん対策情報センター主催にて、平成19年度 第3回市民向け
がん情報講演会 『論より科学的根拠! 信頼できるがん情報とは…』が開催され
ます。

信頼できるがん情報を皆さんに届けるために必要なことは何か。「論より科学的根
拠! 信頼できるがん情報とは…」と題して、信頼できるがん情報をつくるために必
要なこと(がん登録、臨床試験)、情報を安心して使ってもらうために必要なこと(が
ん情報の評価)について、国立がんセンター がん対策情報センターのスタッフが解
説してくれます。また、後半は中継会場を含む会場の皆さんのご質問にお答えして
くれるそうです。

■開催日時
開 催 日:2007年12月15日(土) 
開催時間:13:30~16:30

■会場
国際研究交流会館 3階 国際会議場
(国立がんセンター築地キャンパス内)(定員 180名)
がん対策情報センター:電話 03-3542-2511 内線 5685

中継会場(多地点TV会議システムでご参加いただけます)もあります。
詳細は下記リンクをご覧ください。

■論より科学的根拠! 信頼できるがん情報とは…

   演題:「敵を知らずに戦えない……」 “がん登録”
       「最新の治療が最善の治療とは限らない」 “臨床試験”
「論より科学的根拠」 “がん情報を評価する”

講師:国立がんセンター がん対策情報センター スタッフ

■対象

テーマに関心のある方
参加費:無料

■参加申し込み方法
東京・国際研究交流会館、大阪・大阪府立成人病センターの会場を
ご希望の方は、お名前/参加証送付住所/電話(FAX)を明記のうえ、
FAX あるいは郵送にてお申し込みください。
  先着順に折り返し参加証をお送りし、定員になり次第締め切りとなります。
  その他の会場は事前申し込み不要です。直接会場にお越しください。


詳しくは
平成19年度 第3回市民向けがん情報講演会 『論より科学的根拠! 信頼できるがん情報とは…』(受付中)

をご覧ください。


2007年11月21日

県立病院公開セミナー開催のご案内-千葉県病院局

千葉県病院局にて、一般の方々を対象に、連携して支えあうがん医療をテーマにした公開セミナーが開催されます。県立病院の医師等が、がんの緩和的医療や在宅療養などについて、わかりやすく説明してもらえます。

1 日時・場所

  2007年12月8日(土)  14:00~17:00

  八千代市総合生涯学習プラザ多目的ホール(八千代市ゆりのき台3-7-3)

2 対象

  一般市民の方(定員200名 申込先着)    

3 講師

  千葉県がんセンター・緩和医療科部長  渡邉 敏 先生 
 千葉県がんセンター・地域連携室看護師長  竹中 敦子 先生
  東京女子医科大学八千代医療センター・副院長  城谷 典保 先生

4 主催  
  
  千葉県病院局

6 後援

  千葉県医師会、八千代市医師会、習志野市医師会


詳しくは
第3回「県立病院公開セミナー」の開催について
をご覧ください。


市民公開講演会のお知らせ-国立がんセンター中央病院

国立がんセンター中央病院にて、一般市民の方を対象とし、がんに対する正しい知識の普及を目的とした公開講演会が実施されます。

1 日時・場所

  2007年12月1日(土)  14:00~16:00(開場13:30)

  銀座ブロッサム中央会館

2 対象

  一般市民の方    

3 テーマ

  「国のがん対策と国立がんセンターの目指すところ」
  「がんを知って、がんと生きる」

4 主催  
  
  国立がんセンター中央病院、(財)がん研究振興財団

6 共催
  中央区医師会


詳しくは
第23回国立がんセンター中央病院市民公開講演会「がんについて」
をご覧ください。


2007年10月15日

県民公開セミナー開催のご案内-千葉県がんセンター

千葉県がんセンターにて、専門医師によるがんの講演をとおして、県民と医療者のコミュニケーションを深め、がんに対する知識を広く県民に普及するとともに、患者側に立ったがん治療を目指すため、県民公開セミナーが開催されます。


1 日時・場所

  平成19年10月27日(土) 午後1時から4時まで
  JR千葉駅ビル  6階ペリエ大ホール
  開場 12時30分

2 対象

  一般県民の方(400名まで先着順・入場無料)    

3 テーマ

 「抗がん剤治療・最近の進歩」

4 内容
  ○あいさつ
  ○専門医による講演と参加者の意見を交えた意見交換
  ○講演  
   ○ 「新規抗がん剤開発の現況と展望」
   ○ 「外来抗がん剤治療」 
   ○ 「看護の役割」   
   ○ 「消化器がんの抗がん剤治療」
   ○ 「泌尿器がんの抗がん剤治療」
   ○ 「肺がんの抗がん剤治療」

5 主催  千葉県がんセンター・日本対がん協会

6 後援  (株)千葉日報社・千葉県がんセンターがん研究振興会

詳しくは、千葉県がんセンターをご覧ください。


-PR-
あんしん生命のがん保険


2007年10月12日

がん保険「がん治療支援保険」発売

東京海上日動あんしん生命保険株式会社は、今まで販売していたがん保険の改定商品がん治療支援保険を発売いたしました。

がん治療支援保険は、初期段階のがんである上皮内がんを含めがんと診断された場合に何度でも診断給付金をお受け取りいただけるというこれまでの商品魅力を維持しつつ、今後、入院主体ではなく通院主体でがん治療を受ける方が増えて行く現状を踏まえて、通院給付金の保障内容の充実が図られた新しいがん保険です。

具体的には、

1) 通院給付金日額を入院給付金日額と同額とするご契約が可能。
2)がんで1日でも入院された場合、前後の通院に対して通院給付金をお受け取りいただけます。
これにより、がんの通院治療への備えを充実させることができます。

詳しくは、
あんしん生命のがん保険

をご覧ください。


Copyright © 2012-2013 株式会社 オンフェイス All Rights Reserved.
TEL 0436-41-7368 千葉県市原市若宮2-2-1

募集文書No.14-T-10377,1502-KL08-H0321